ベンチャーサポートを受けるメリット|不安を解消

在庫管理を簡便に

タブレット

売上からマーケティング

レジで販売商品を入力することで、そのたびごとに販売情報を記録し、データを集計していくことがposシステムのメインとなります。これら集計したデータを解析し、在庫管理に使用したり、マーケティングに使用することも可能です。posシステムを導入するためには、レジでの入力が必要となりますが、近年では高額なレジの機械を導入せずとも、タブレットでレジの代わりをすることもできる時代になってきました。具体的には、レジ入力としてタブレットを使用します。システムは様々な会社が提供しているため、それを利用します。タブレットのみではレシートの発行などができないため、必要な場合に応じて、周辺機器をそろえていきます。レジの機械の場合、多くの機能がついているものがありますが、タブレットを使用した場合には、必要なものだけを取り出して使うイメージとなります。また、タブレットを使用する際には、LANケーブルでなくネットワークでの接続となるため、クラウドを活用し、そこにデータを蓄積したり、読み込んだりできます。そのため、各社が取り揃えているレジ用のシステムを導入すると、顧客管理、売り上げ管理、商品管理といったposシステムで行うデータ分析が行うことできます。実際、無料でこれらの機能を提供している会社もあり、別途posシステムを導入する手間が省けます。小売り商店などでこれまでコスト面等で積極的にレジやposシステムの導入を考えていなかった場合に、タブレットを使用したレジとそれに付随するposシステムの機能は、マーケティングの観点からみて非常に有用と考えられます。